サクラ*びより

2012年 09月 26日 ( 1 )

自家現像への道 - 工程 -

b0168851_23525290.jpg

現像スタートすると、すぐ慌てそうなのでチャートを作成。


現像(時間は使用フィルム及び現像液の種類による)
T-MAX Developer ( 1 + 4 → 500ml=100+400ml )
最初の1分間 連続攪拌 → 30秒に1回(5秒)攪拌
※再利用(フィルム2本 / 500ml)

停止( 30秒)
富士酢酸 ( 15ml / 500ml )
30秒間 連続攪拌
※使い捨て

定着( 5分)
マイフィクサー ( 1 + 4 → 1L=200+800ml )
最初の1分間 連続攪拌 → 30秒に1回(5秒)攪拌
※再利用(フィルム24本程度 / 1L)

予備水洗( 30秒)
流水により 水洗

水洗促進剤( 1分)
富士QW ( 1 袋 / 2L )
※再利用(フィルム200本程度 / 2L)

本水洗( 2Lの水で攪拌)
5回 → 10回 → 20回 → 20回の回数を攪拌
※処理温度に対してプラスマイナス2℃

水切剤( 30秒)
ドライウェル ( 10ml※キャップ1杯 / 2L )
※使い捨て



もちろん、このチャートを見ながらでも慌てたけどねー。





只今、コメ欄は閉じております。
コメントは「RAIN DOGS」のブログに頂けると嬉しいです。

[PR]
by sakurashot | 2012-09-26 23:52 | 自家現像のお話